VSEOの元となる、SEOについて知ろう

VSEOの元となる、SEOについて知ろう

VSEO(Video Search Engine Optimization)の名前の元となっているのはSEO(Search Engine Optimization=検索エンジン最適化)という言葉です。

これを動画に特化したものがVSEOなわけですが、正直SEOについて知る必要はほぼありません。

ですが、インターネットおよびネット広告の歴史においてSEOが果たしてきた役割は重要で、その延長線上にVESOがあるのも事実。軽く知っておくだけでも何かの役に立つ時があるかもしれませんよ。

SEOって何?

SEO(Search Engine Optimization)とは「検索エンジン最適化」という意味。何を最適化するのかといえば、文字通り検索エンジンで検索したときに、あるサイト(多くの場合自分のサイトか、依頼されたクライアントのサイト)を上位表示するための技術です。

例えば高円寺のラーメン屋さんが自分の店のHPのアクセスを上げたいと思って、Google(検索エンジンは他にもあるが、ご存じの通り実質ほとんどのシェアがGoogle)で「高円寺 ラーメン」でググったときに上のほうに出てくるようにする、というのがSEOです。

一昔前はこのSEOを施工する業者が大流行りでした。「おたくの会社の検索順位を上げますよ」と言って実際に施策するのですが、「メインとなるキーワード(先ほどの例でいうとラーメン)および関連するキーワードを文章が変になってでも詰め込む」とか、「いろんな外部のサイトにたくさん自分のHPへのリンクを貼ってもらう」とかいう小手先の技でも実際に順位がどんどん上がったのです。まだGoogleのシステムもそこまで発達していなかったので、裏技的なテクニックが通用したんですね。

ですが、今はGoogleの技術も発達し、本当にユーザーが求めているものがあるサイト、ちゃんとしたコンテンツがあるサイトでないと小手先のテクニックを使っても順位が上がらないどころか下がってしまうことが多くなっています。

SEOは今の時代必要ない?

小手先の裏技が通用しなくなったことによって、「もうSEOとかいう時代じゃない。いかにいいコンテンツを作るか、見やすく有用な情報が書いてあるページにするかにのみ注力すべきだ」という意見もあるようです。ですが、そのページがどんなページでどんな有用な情報があるかというのをGoogleに伝える、という意味ではSEOはいまだ重要です。順位を決めるのは多くの場合、人間ではなくGoogleのシステムだからです。

かといってシステムを裏技でごまかすとかではなく、せっかくいいコンテンツがあるのだからそれを正確にGoogleに伝えて正しく評価してもらうというのが今のSEOの意味ではないかと思います。

TOPページを見る