一般的にYoutubeではどのくらい稼げるのか?

一般的にYoutubeではどのくらい稼げるのか?

ここでは、一般的に言われている、Youtubeでの収益などについて書いていきたいと思います。

あくまでVSEOの話ではなく、一般的に言われている話で、調べれば出てくる話です。

誤解なきよう。

YouTubeで利益が発生する条件は

YouTubeで利益が発生する条件は、最低チャンネル登録者数が1000人から、年間再生数4000時間以上です。

事務所に所属していたり、有名YouTuberでもないかぎり広告収入は1再生あたり0.05~0.1円程度。再生数10万回でも5000円から1万円程度です。ちなみに広告収入月額8000円を超えないと振り込まれないため、それ未満だと毎月振り込まれることすらありません。

一般YouTuberの収益は

登録者数が何万人という有名YouTuberではないYouTuberの収益はいくらくらいなのか気になりますよね。

それでは登録者数が何人だと、ざっくり計算でいくらくらいの収益が発生するのでしょうか。

以下にまとめてみます。

登録者数…広告収益(月額)

1,000人…約1,500円

4,000人…約10万円

10,000人…約20万円

20,000人…約30万円

30,000人…約50万円

1,000人の人が登録してくれても、月に1,500円しか稼げないんですね。一見、絶望ですね。

ですが、同時に4,000人と1,000人の間に大きな違いがあるのも見て取れませんか?

月に1,500円だとお小遣いにもなりませんが、10万円だと副業としてはなかなかではないでしょうか。

チャンネル登録者数が1万人を超えるあたりから、広告収益のみで生計を立てられる見込みが出てきますね。

YouTubeを通さない広告収入も

一般的なYouTubeの収益は、YouTube上の動画コンテンツに広告を掲載することでその広告料を得る方法(Googleアドセンス)ですが、この方法は「広告主→YouTube→動画投稿者」という流れで報酬が発生します。

しかし、YouTubeを通さないで広告料を得る方法もあります。

YouTubeの投稿動画ページに自身で直接提携したアフィリエイト広告を掲載し、クリック数や商品購入数に応じて広告主から紹介料を得る方法です。ブログなどと同じくいわゆるアフィリエイトと呼ばれる方法ですが、これだと「広告主→動画投稿者」もしくは「広告主→アフィリエイト仲介サービス(ASP)→動画投稿者」となり、YouTubeを通さないため報酬が高くなる可能性はあります。

YouTube上に掲載できる代表的なアフィリエイト広告として、Amazonや楽天の商品があります。ブログにアフィリエイトコードを貼り付けるがごとく、動画の概要欄にAmazonアフィリエイトリンクなどを貼るんですね。

また、企業から直接オファーを受ける企業タイアップ案件もあります。

ですがこの場合は、まず人気のないチャンネルに広告主が出稿してくれるかという問題はありますね。

いずれにしろ、YouTubeで利益を得るためにはやはり登録者数(再生数は登録者数が多ければ自然に付いてくるものとして)が重要だということですね。

TOPページを見る